ライニングを使って耐久性UP【ガーディアンリフォーム】

腐食による破損

給排水配管は年数を経ることで老朽化していきます。10年から15年でかなりのダメージを受けるといわれています。給排水用の配管に起こる最大の問題は腐食による破損です。いったん配管が破損すると、そこから漏水し、給排水ができなくなります。 工場の場合、生産活動に支障が生じ、一般の住宅なら水が使えなくなります。 配管類の老朽化は、ある程度の年数を経ることで自然に発生しますが、実際には普段の使用状況からある程度予測することもできます。例えば、配管内にサビが発生することで赤っぽい水が出てくる、あるいは水道水に含まれる塩素の影響で銅が腐食し、青っぽい水が出る、あるいは変な臭いがする、などという異変があれば、それは配管のトラブルかもしれません。

配管類は壁や床下など、普段見に見えない部分に敷設されていることから、簡単に点検や修理ができません。実際、配管内部がどのような状況になっているかを見ることはできません。 しかし、長期間使用されている給排水管内部には、大量の汚れやスラッジが堆積しています。このこともトラブルの原因になります。 このような給排水管を再生する方法として、最近FRPライニングという工法が普及しています。配管内部を高圧洗浄し、汚れを除去し、さらに研磨剤を用いることで表面をきれいに処理します。さらに、その上にFRPライニングを塗布する、というのが工法です。 このFRPライニングを使用すると、管内部が新しい状態と同じように再生します。配管類の交換に比べ、工期もコストも大幅にカットできることから、FRPライニングの利用が広く普及し始めています。